経営コンサルタントを目指して中小企業診断士を取得したい!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

資格 - 中小企業診断士

こんにちは、鈴木俊吾です。

現状、私は書類上フリーライターとなっていますが…。
実質的には、仕事がほとんど無いので無職にほぼ近い状態です。
これではまずいですね。

そんな中…。
「フリーライターとして働くことを当初考えていたけど、果たして自分に向いているのだろうか?」
「もっと自分にとって、向いている仕事ややりたい仕事というのが他にあるのでは?」
という疑問が私の中で生まれてきました。

私は何気なくインターネットで、資格について調べていたのですが…。
そこで目についたのが「中小企業診断士」。
いわゆる、経営コンサルタントに関する資格ですね。

ふと気がつくと、私は経営コンサルタントや中小企業診断士について、詳しく情報を集めていました。
そして、中小企業診断士の資格を取得したいと思うまでに発展。
これから経営コンサルタントを目指してみたいと考えるようになりました。

中小企業診断士とは?

中小企業診断士というのは、中小企業が抱えている経営に関する問題を洗い出し解決に導く仕事を行います。
いわゆる「経営コンサルタント」という形でよく聞くかと思います。

経営コンサルタントという職業は、特に資格が無くても名乗ってしまえばなることができます。
ただ、よほど実績でも無い限り、仕事をもらうのは難しいです。

経営コンサルタントを目指す人は、中小企業診断士の資格取得を目指していることが多いですね。
それは、経営に関する幅広い知識を得たり、公式に中小企業診断士と名乗ることができるようにするため。
やはり、資格を持っているのと持っていないのでは信頼度も違いますよね。

経営に関する知識を得たい!

私個人としては、経営に関する幅広い知識を得たいと思っています。
そういった知識を持つことで、実生活や仕事の面においても大きなプラスになるのではないでしょうか?

それに加えて、ただ闇雲に勉強するのではなく…。
「中小企業診断士の資格取得を目指して勉強する!」
という形のほうが目標にもなって良いですよね。

現状、私は経営に関する知識はほぼ無いと言って良いでしょう。
これまで経営については勉強してきた記憶がありませんからね…。
まあ多少は数冊本を読んだ程度。
内容については…ほとんど頭に入っていませんよ。

そこで、ここらで一つ、本気で経営について学びたいと思いました。
ちょっとインターネットで調べてみたところ、学習範囲がすごいことになっているようです…。
でも、それだけの知識が必要だということが分かって、俄然やる気が湧いてきましたよ。
試験に合格する程度の知識が持てれば、きっと私の人生も変わってくるでしょうからね!

久しぶりの資格試験に挑戦!

何かについて勉強するのは、かなり久しぶり。
本格的に勉強したのは、大学受験の時や公務員試験の時くらいでしょうか?
となると、勉強のブランクは7年くらいになりますかね。

以前と比べると、主に記憶力や集中力がガタ落ちになっています。
そのため、現状は本をちょっと読むだけで眠気が来てしまうのですよね(汗)。
ただ、これではとても合格は目指せませんよ。

そこで、まずは記憶力や集中力を鍛えることから始めようかなと。
記憶力や集中力に関する本をまず読んで、脳力を上げていくことが大事。
そして、並行して知識を頭に入れていく。
そんな流れで行こうかなと思っています。

中小企業診断士は、合格率は決して高いとは言えません。
むしろ、難関資格の部類に入るかもしれません。
本気で挑まないと資格を取得するのは難しいですね。

なかなか大変でしょうが…。
決して諦めることなく、中小企業診断士の資格取得を目指したいと思います。
そして、経営コンサルタントとして活動できるようになりたいです!

ひとこと

ふと何気なく見つけた「中小企業診断士」の資格。
調べれば調べるほど、俄然興味が湧いてきましたよ!
「経営コンサルタント」という仕事にも非常に魅力を感じています。

「経営に関する包括的な知識を得たい。」
「そして、経営コンサルタントとして働いてみたい。」
その願いを叶えてくれる資格が中小企業診断士なのです!

前提知識を持っていませんので、まさに0からのスタートになります。
長い戦いになるかと思いますが…。
必ずや合格をつかみ取りたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました