無料プログラミング対戦ゲームRobocodeの始め方(インストール)

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Robocode

こんにちは、鈴木俊吾です。

私はプログラミングを趣味としています。
と同時に、ゲームをプレイすることも好きです。

そこで、プログラミングを題材としたゲームを何かしてみたいと思いまして…。
インターネットで良さげなゲームが無いか調べてみましたよ。

すると、「Robocode」という無料のゲームを見つけました。
ゲームの説明を読んでみると…。
これはなかなか本格的なプログラミングが要求されるようですね。
面白そうな感じがしましたので、私は試しにプレイしてみることに。

今回の記事では、「Robocode」をインストールするところについてまとめておきます。
特に手順で難しいところは無いのですが…。
「Robocode」のアピールと備忘録を兼ねて残しますね。

Robocodeとは?

「Robocode」というのは、ロボット戦車の動きをプログラミングして対戦させるゲームです。
ユーザーは、ロボット戦車の動き(移動・攻撃・回避など)をプログラムで制御します。
そして、相手のロボット戦車より高いスコアを獲得すれば勝ちとなります。
スコアは、相手のロボットを破壊、弾丸で与えるダメージ、突進ダメージ、などを考慮して計算されます。

ビジュアルプログラミングではなく、本格的なプログラミングを行います。
使用するプログラミング言語としては、Javaまたは.Netですが…。
基本的にはJavaです。

人によって、プログラムの書き方は千差万別。
なので、その戦略も無限大。
積極的に攻めていく方法もあれば、逆に回避を重視するなんてのもありです。

敵ロボットに攻撃(弾丸)を当てるためには、敵ロボットの動きを予測しなければなりません。
そのためのアルゴリズムを試行錯誤して作り上げる必要があります。
その他考慮しなければならないこととして、自分のロボットの移動方法やレーダーの扱いがあります。

「Robocode」の入門自体は比較的簡単なのですが…。
極めようとするとなかなか奥が深そうですよね。
最強のプログラムを作ろうとしたら、相当高度な技術が要求されるでしょう。

まずは、簡単なプログラムを組んで動作を確認するのが良いかと。
そして、それから徐々に動作を洗練させていくと良いですかね。

Robocodeのインストール

Robocodeの本家のページに行きましょう。
以下のリンクから飛べます。

Robocode Home

Robocode

そうしたら、「Download」のリンクをクリックします。
すると、「Robocode」のファイルリストが表示されます。
その中の「Download Latest Version」のボタン(?)をクリックします。
現時点では、最新版は「1.9.3.7」のようですね。

Robocode

ダウンロードしたファイルはJarファイルになります。
ダブルクリックすると、「Robocode」のインストールが始まります。

Robocode

もしここで何も起きない、もしくはエラーなどが発生する場合は、適切なJavaをインストールしていない可能性があります。
まずJavaをインストールしてから再度実行してください。

Javaは色々なディストリビューションがあるのですが…。
私はAdoptOpenJDKというのを使っていますので、そちらを勧めておきます。
以下のリンク先になります。

Javaのバージョンは、基本的にいくつでも動くと思いますが…。
もし私と同じ環境にしたい場合は、「OpenJDK 8」と「HotSpot」の組み合わせにしてください。

AdoptOpenJDK – Open source, prebuilt OpenJDK binaries

Java

Robocodeの実行

うまく「Robocode」のインストールができましたか?
それでは、「Robocode」を実行してみましょう。

Macの場合は、デフォルトでは「/Users/***/robocode」にインストールされるようです。
該当ディレクトリに移動すると、ファイルがたくさんあるのですが…。
その中の「robocode.sh」というファイルを「実行」します。
ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行します。

cd robocode
./robocode.sh

うまく起動すれば、以下のような画面が表示されると思います。
以上で、「Robocode」のインストールと動作確認は完了です。
お疲れ様でした。

Robocode

ひとこと

今回は、無料プログラミング対戦ゲーム「Robocode」の紹介と、それをインストールするところまでを解説してみました。
初回起動時には、デモバトルが見れます。
もちろん、自分で対戦させるプログラムを選ぶこともできますよ。
なかなか面白そうだと思いませんか?

ここでは導入だけですので、まだプログラミングの段階まで行っていません。
次回以降で「Robocode」の基本について解説していきたいと思っています。
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

「プログラミングを題材としたゲームをやってみたい」「楽しみながらプログラミングスキルを磨きたい」と考えている方は…。
今回紹介した「Robocode」は、試しにやってみる価値があるのではないでしょうか?
もちろん、無料ですので。

私もこれから「Robocode」の世界に飛び込んでいこうと思います。
もしよかったら、あなたも一緒に遊んでみませんか?

Robocode Home

コメント

タイトルとURLをコピーしました