スポンサーリンク

ブログのSEO対策に文字数は直接的には関係ない!?

ブログ

こんにちは、鈴木俊吾です。

ブログを運営していると、まず気になることがあります。
それは…ブログ記事文字数

SEO対策を考えたときに、ブログ記事の文字数はどの程度あると良いのかということがしばしば議論されることがありますよね。
「最低でも1,000文字以上」「2,000~3,000文字は必要」「多ければ多いほど良い」などといったように意見は様々です。

結論から言うと、どうやらブログ記事の文字数はSEO対策に「直接」的には関係しないようです。
ブログ記事のが高ければ、文字数は何文字でも構わないとのこと。

スポンサーリンク

Googleはブログ記事の質を見ている

ブログ記事の検索順位を上げるためには、読者にとって有益な情報を提供することというのが大事。
検索意図に沿って適切な情報を適切な形で書くことができれば、自然と検索順位は上昇します。

たまにありますよね。
文字数はやたらと多いけど、内容がよく分からないブログ記事。
余計な情報が多すぎて、肝心の知りたい情報がほとんど無いという残念なもの。
それなら、文字数が少なくて知りたい情報のみが簡潔に書かれている方が良いですよ。

Googleは、ブログ記事の「量」ではなく「質」を見ています。
検索アルゴリズムが日々改良され、より検索意図に沿った記事が上位に表示されるようになってきました。
今後はさらにクオリティが重要視されていくでしょうね。

文字数の関連性

そこで考えるのが、ブログ記事の質を上げるための方法。
どのようにすれば、質が高いと評価されるのでしょうか?

ブログ記事の評価基準の一つに「網羅性」というのがあるそうです。
必要な情報が過不足なく網羅されているかを見ているとのこと。

読者が知りたい情報を知るのに、どの程度の文字数が必要になるのか。
それは「検索キーワード」によります。

何かの解説記事であれば、その手順などを詳細にまとめる必要があるので文字数は増えます。
単に何かの用語の意味だけなら、簡単な説明のみで済むため文字数は少なくても大丈夫。

すなわち、文字数は「何文字でも良い」。
文字数が多いほど評価が上がる、少ないと評価が下がるということは、直接的には無いようです。
それなら、文字数を気にするよりも、どのような表現で読者にとって分かりやすい記事を書くかを意識したほうが良いのではないでしょうか。

ひとこと

ブログを運営していると、ブログ記事の文字数は気になる要素の一つですが…。
そこは、あまり深く考えなくて大丈夫。
ブログ記事の質さえ高ければ、必ず検索上位に表示されるようになるはずです。

質の高い記事を書くためには、まずは文章を書いて書いて書きまくることが大事。
よほどの人で無い限り、いきなり高品質には書けませんので…。
試行錯誤をしながら練習あるのみです。

私の文章はまだまだですね。
これから日々精進して、いつか検索上位になれるような質の高いブログ記事を提供していきたいです。

スポンサーリンク

鈴木俊吾
鈴木俊吾

『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』をモットーに、人生大逆転を目指して活動をしているフリーライター。
自分がやりたいと思ったことは、何でもやってみるスタイル。

ブログでは、ライフログを中心に、仕事・趣味・思ったことなどについてまとめていきます。
いくつか記事を読んでいくうちに、私の人となりが何となくつかめるかと思います。

Twitterをフォローしていただくと、ブログからの更新通知を手軽に受け取ることができます。
読者の皆さんとも積極的に交流をしていきたいと思っていますので…。
あなたからのフォローを楽しみにしています!