スポンサーリンク

ブロガーの私が実践!ブログ記事タイトルの圧縮・短縮方法

ブログ

こんにちは、鈴木俊吾です。

あなたはブログを運営していますか?
もし運営しているのなら、ブログ記事のタイトルに悩んだ経験がありませんか?

ブログ記事のタイトルの文字数は28文字以内とよく言われます。
これは、Google検索で見たときに、ブログ記事のタイトルが省略されない文字数の目安。
これより長いと「…」で表示されてしまうのはご存知かと思います。

そこで、ブログ記事のタイトルを、検索キーワードを含めつつ28文字以内に収めようとすると思いますが…。
なかなか上手く行かずに苦戦した経験がありませんか?
もちろん、現役ブロガーである私も同様の悩みを抱えています。

これまでのブロガー生活で、私はちょっとしたコツのようなものを掴みましたね。
その方法を使うと、ブログ記事のタイトルを少し圧縮短縮することが可能になります。

実際、言われてみれば単純なのですが…。
意外と気づいていない人がいるかもしれませんよ?

というわけで…。
今回の記事では、ブログ記事のタイトルを圧縮・短縮する方法について解説します。

スポンサーリンク

SEO的には28文字ギリギリまで使いたい

Google検索では、28文字程度までをタイトルとして表示してくれます。
つまり、言い換えると、その文字数までの情報量を詰め込めるということです。
それなら、できる限り28文字ギリギリまで使いたいですね。
もちろん、それよりも少ない文字数でも全然構わないですけども。

SEOを考慮した場合、ブログ記事のタイトルには、いくつかのキーワードを盛り込むのが良いです。
キーワードというのは、ユーザーが検索で使いそうなフレーズのこと。

このブログ記事の例で言えば…。
「ブログ タイトル 短縮」「ブログ タイトル 圧縮」などのキーワードを狙っています。
これらのキーワードで、どの程度の需要があるかはちょっと調べていないので分からないです。
本来なら、前もって検索ボリュームを見ておくのが良いですよ。

重要そうな検索キーワードは、2~3個ほどタイトルに詰め込みます。
あとは自然な感じの文章になるようにタイトルを考えます。

この時に…。
「もう少しで28文字以内になりそうだけど、若干超えている…。」という経験はありませんか?
これを如何にして克服するのかというのが今回の記事内容です。

ブログ記事のタイトルを圧縮・短縮する方法

それでは、本題です。
ブログ記事のタイトルを圧縮・短縮する方法について見ていきましょう。
どれもシンプルなので、すぐに真似できると思いますよ。

助詞の省略

この方法は、私も結構頻繁に使います。
タイトルに助詞を含んでいる場合に、その助詞が無くても意味が通じる場合は省略できます。

よくあるパターンが「の」ですね。
「○の△の□」といったフレーズが出た時に、「○△□」と「の」を省略した場合で意味が通じるなら取ってしまっても構いません。
この場合、「の」2文字分を圧縮できます。

あまり「の」が続くのも違和感がありますので…。
場合によって、思い切って無くしてしまうのもアリだと思います。

つなぎ言葉の省略

つなぎの言葉にも、場合によっては省略できることがあります。
そんなときは、不自然にならない程度に文字数を削ることが可能です。

例えば、このブログ記事のタイトル。
「ブロガーの私が実践!ブログ記事タイトルの圧縮・短縮方法」となっていますよね。

元々は 「ブロガーの私が実践している、ブログ記事タイトルの圧縮・短縮方法」というタイトルでした。
「実践している、」の部分が「実践!」となっているのが分かるかと思います。

この例では、「している、」を「!」のみに置換することに成功しています。
すなわち、5文字が1文字になることで4文字の圧縮・短縮になっているのです。

このようなパターンは意外と多く出てきますので…。
言い切り系や体言止めなどを使って、意味が分かる程度に省略しましょう。

英単語化

これはあまりやり過ぎるとアレなのですが…。
適宜使う分には十分に効果的ではないでしょうか?
主にカタカナの単語を英単語化する方法です。

英単語をそのままカタカナにしたようなものって結構ありますよね?
その場合、カタカナで書くよりは、英単語で書いた方が、文字数の短縮になることがあります。

例えば、「ブックマークレット」。
カタカナでは、文字数は全角で9文字です。
英単語にすると「Bookmarklet」となりますが、これは全角で5.5文字。
すなわち、英単語のほうが3.5文字分を短縮できます。

意味が同じ単語の場合なら、英単語にしてもカタカナで検索した場合に正しく表示してくれますよ。
ですので、英単語にする影響は非常に小さくなっています。

このテクニックを知っているかどうかは、意外と大きいかもしれませんね。
読みづらくならない範囲で、この方法を使ってみると良いでしょう。
でも、これは最後の手段のような気がしますけども。

ひとこと

今回の記事では、ブログ記事のタイトルを圧縮・短縮する方法について見てきました。
いかがでしょうか?
実際言われてみると、なんだそんなことかと思われるかもしれません。
でも、これらのテクニックを知っているかどうかで、いくらか違いが出てきますよ。

「もう少しタイトルの文字数を削りたい!」
そう思ったときは、今回のことをぜひ思い出してくださいね。

スポンサーリンク

鈴木俊吾
鈴木俊吾

『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』をモットーに、人生大逆転を目指して活動をしているフリーライター。
自分がやりたいと思ったことは、何でもやってみるスタイル。

ブログでは、ライフログを中心に、仕事・趣味・思ったことなどについてまとめていきます。
いくつか記事を読んでいくうちに、私の人となりが何となくつかめるかと思います。

Twitterをフォローしていただくと、ブログからの更新通知を手軽に受け取ることができます。
読者の皆さんとも積極的に交流をしていきたいと思っていますので…。
あなたからのフォローを楽しみにしています!