スポンサーリンク

Twitterの片思い解除(アンフォロー)はSNSTOOLSを使うと簡単!

片思い解除ツール

こんにちは、鈴木俊吾です。

ちょっと質問ですが…。
あなたはSNSを使っていますか?
その中でも、特にTwitterを利用しているでしょうか?

Twitterと言えば、もはやSNSとしては大定番になっていますよね。
きっと利用している方が多いと思います。
そういう私もTwitterを使っていますよ。

ところで、Twitterのフォロワー管理はどうしていますか?
フォロー上限に達してしまってはいませんか?

その対策として、片思いのユーザーを解除(アンフォロー)していくと思いますが…。
Twitter標準機能で解除していくのは、なかなか手間がかかってしまい大変です。

私もこの問題に直面しましたので…。
効率良く片思いのユーザーを解除できるツールを探してみました。

そこで見つけたのが「SNSTOOLS」。
こちらのフォロー解除ツールを使うと、簡単に片思いユーザーを解除することが可能です。

今回の記事では、このツールの使い方について簡単に解説します。

スポンサーリンク

Twitterのフォロー上限

Twitterには、フォロー上限が設定されています。
フォロー上限は、現在のフォロワーの数に比例して多くなっていきます。
この仕様があるため、ただ闇雲に次々とフォローをしまくることができなくなっています。

基本的には、自分が興味を持ったユーザーをフォローしていきましょう。
適当にフォローしていくのはあまり効率的ではありません。
フォロー上限に達するのが早まったり、自分にとって不要なツイートが流れることになりますので。

フォロワーを増やすには、何か有益な情報をツイートするのが効果的です。
特定分野のユーザーに刺さるようなツイートをしていけば…。
自然と興味を持ってもらえる可能性が増えますよ。

これについては、私も試行錯誤の段階です。
どんなツイートをすると、人の心を動かすことができるのか?
まだまだ研究が必要ですね。

SNSTOOLSのフォロー解除ツール

それでは、いよいよ本題です。

Twitterの片思いユーザーのフォロー解除をしたいのなら…。
今回紹介する「SNSTOOLS」というサービスのフォロー解除ツールを使いましょう。
これを使うと、本当に簡単に片思いのアンフォローができます!

シンプルな操作画面ですので、特に悩むこと無く使えると思いますが…。
一応、この記事でも操作方法を解説していきますね。

フォロー解除ツールの使い方

まずは、SNSTOOLSのページへ行きましょう。
以下のリンクから飛べます。

対象のページに移動すると、画面中央に「認証する」のボタンがあります。
それをクリックして、Twitter認証を行ってください。

片思い解除ツール

認証が終わると、画面に現在のTwitterの情報が表示されます。
その隣にメニューがありますので、そこから実行したいものを選びます。

片思い解除ツール

注意書きにも書いてありますが…。
一度に大量のフォロー解除をすると、アカウントが凍結される可能性があります。
もし現在の片思いユーザー数が多い場合には、「個別解除」をするようにしましょう。

メニューを選択すると、該当するユーザーの一覧が表示されます。
各ユーザーの右側に「フォロー解除」ボタンがありますので…。
そのユーザーのフォローを解除したい場合には、そのボタンを押しましょう。

このツールの便利なところは…。
フォロー解除ボタンを押した後に、リストが自動更新されるところです。
ちょうど次のユーザーのフォロー解除ボタンがマウスの位置に来ますので…。
クリック連打でアンフォローができますよ。

やることはたったこれだけ。
本当に簡単ですよね!

ひとこと

Twitterをやっていると、ついついフォロー数が多くなりがちかもしれません。
そんな場合は、定期的にフォロー管理をすると良いです。
今回紹介した「SNSTOOLS」のフォロー解除ツールなんて、まさにうってつけですね。

さきほど、私もフォロー上限に達してしまいましたので…。
このツールで片思いのユーザーをいくらか整理しましたよ。
こんなに簡単に使えるのなら、もっと早くから導入しておくべきでした。

「フォロー数が上限に達してしまった!」
「そろそろ片思いユーザーを整理したい…」
そんな方は、このツールを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

鈴木俊吾
鈴木俊吾

『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』をモットーに、人生大逆転を目指して活動をしているフリーライター。
自分がやりたいと思ったことは、何でもやってみるスタイル。

ブログでは、ライフログを中心に、仕事・趣味・思ったことなどについてまとめていきます。
いくつか記事を読んでいくうちに、私の人となりが何となくつかめるかと思います。

Twitterをフォローしていただくと、ブログからの更新通知を手軽に受け取ることができます。
読者の皆さんとも積極的に交流をしていきたいと思っていますので…。
あなたからのフォローを楽しみにしています!