スポンサーリンク

非アニメオタクの30代男が個人的に好きなアニソンベスト10

音楽

こんにちは、鈴木俊吾です。

ちょっと質問ですが…。
あなたはアニメソング(アニソン)は好きですか?

私はアニソンが結構好きですね~。
アニメ自体は普段それほど観ないのですが、曲が好きになるパターンが非常に多いです。
カッコイイ曲が多いので、テンション上がりますよね!

これまでには、私も様々なアニソンを聴いてきました。
その中で、お気に入りになった曲もたくさんありますよ。
実際カラオケで歌ったりもするほど好き。

えっ、どんな曲が好きなのか気になる?
…気になりますよね?
えぇ、そういうことにしておいてください。

そんなあなたのために…。
今回の記事では、非アニメオタクの30代男性である私が、個人的に好きなアニソンベスト10を発表してみたいと思います。
アニメはあまり観ていませんので、アニメ補正はほぼかかりません。
純粋に曲の好みでランキングを作成していますよ。

一体どんな結果になるのか?
ぜひ予想しながら、読み進めていってくださいね。

スポンサーリンク

アニソンにハマったきっかけ

きっかけ

音楽をよく聴くようになってから始めの頃は、私は正直アニソンにはほとんど関心がありませんでしたね。
とても失礼ですが、あまり良い曲は無いんじゃないかと思っていたのですよ…。
『食わず嫌い』ならぬ『聴かず嫌い』だったのですよね。

ところが、私はあることがきっかけでアニソンにドハマリすることに。
そのきっかけというのは『水樹奈々さんとの出会い』ですね。

偶然、水樹奈々さんの『深愛』を聴きまして…。
「なんて素晴らしい曲なんだ!」と感銘を受けたのがそもそもの始まり。
後にこの曲がアニソンだと知り、アニソンにも素晴らしい曲があるんだと思うようになりました。
それ以来、ちょくちょく私はアニソンを新規開拓をするように。

人によって、アニソンにハマるきっかけというのは色々あるとは思いますが…。
私の場合は、水樹奈々さんのファンになったことがそうですかね。
こんなにも素晴らしいアニソンの世界へ足を踏み入れることができて良かったです。

好きなアニソンランキングベスト10

ランキング

それでは、本題です。
非アニメオタクの30代男性の私が、個人的に好きなアニソンランキングベスト10を発表してみたいと思います。

第1位 深愛 / 水樹奈々

堂々の第1位は、水樹奈々さんの『深愛』です。
『White Album』というアニメの主題歌となっています。
すみません、アニメ補正というよりファン補正がかかっていますw

水樹奈々さんを知り、ファンになるきっかけを作った曲。
初めて聴いた時の衝撃は今でも忘れられません。
もう感動で涙が止まりませんでしたよ。

タイトルからも分かるように、深い愛をテーマにした歌詞です。
水樹奈々さんの歌声を聴いていると、歌詞がグッと響いてくるのですよね。
まさに心揺さぶられるとはこの事をいうのではないでしょうか?

第2位 only my railgun / fripSide

第2位は、fripSideさんの『only my railgun』。
『とある科学の超電磁砲』の主題歌となっていますね。
アニメ好きの中では、かなりの知名度を誇っているのではないでしょうか?

私がこの曲を知るきっかけになったのはニコニコ動画。
当時、多くの人が『only my railgun』をカバーしていまして、それをたまたま聴いたのが最初でした。

ノリの良さといい、メロディーラインのカッコよさといい…。
もう初めて聴いた時に一発で好きになりましたよ。
今では、カラオケで歌う定番曲の一つになっていますね。

ちなみに、私は『only my railgun』を聴いてから、実際のアニメが気になって観たタイプです。
アニメ、非常に面白かったですね!
「私にも何か特殊な能力があれば良いのにな…」とつくづく思いましたよ。

第3位 ETERNAL BLAZE / 水樹奈々

第3位は、水樹奈々さんの『ETERNAL BLAZE』。
『魔法少女リリカルなのはA’s』のオープニングテーマ曲となっています。

水樹奈々さんのアルバムで聴いたのがきっかけ。
出だしからもうカッコよくてですね…。
曲を聴くと、テンションが激アツになること間違いなしです!

カラオケでも比較的よく歌うのですが…。
実際、歌ってみるとかなり難しい曲。
でも、これほどの曲を難なく歌いこなせてしまう水樹奈々さん。
その歌唱力には脱帽です。

第4位 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子

第4位は、高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』。
『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニングテーマ曲となっています。

この曲は、もう本当に幅広い世代に人気ですよね!
そして、特にアニメを観ていないという人でも知っているという知名度の高さ。
今となっては結構昔の曲ですが、現在のカラオケのランキングでも常に上位に入っています。
人気の高さがうかがえますね。

実は、私もアニメの内容は知らずに曲だけ知っている人。
とてもクールなメロディーライン、テンポの良さと相まって、常にノリノリで聴いていられますよ。
テンションを上げたい時に聴くと非常に効果的。

第5位 ライオン / May’n/中島愛

第5位は、May’nさんと中島愛さんのコラボ曲である『ライオン』。
『マクロスF』の主題歌となっていますね。

何がきっかけで知ったのか忘れてしまいましたが…。
気がついたら好きになっていた曲です。
特にサビの『生き残りたい~』のメロディーラインの流れが好き。

カラオケでも時々歌うことがありますが…。
やはり、この曲は一緒に歌ってくれる人がいる方が楽しいですね。
絶賛カラオケパートナー募集中です!

第6位 君の知らない物語 / supercell

第6位は、supercellさんの『君の知らない物語』。
『化物語』のエンディングテーマ曲となっています。

この曲を知ったきっかけはYouTubeでした。
「何か良さげなアニソンは無いかな?」と色々と聴いて回っていた際に…。
おすすめ動画に表示されていたので、何気なく聴いてみたのですよね。
そうしたら、一発で気に入りましたよ!

この曲は、曲の長さが長いので歌うのは結構大変ですが…。
歌いきった時の爽快感はたまらなく良いです。

私は恋愛という恋愛をこれまでしたことが無いですからね。
もし青春時代に恋愛をしたら…。
この曲の歌詞のような心境になるのかなと、ふと思いました。

第7位 This game / 鈴木このみ

第7位は、鈴木このみさんの『This game』。
『ノーゲーム・ノーライフ』のオープニングテーマ曲となっています。

この曲は、普通にアニメを観て知りました。
曲調がまさに私の好みにどストライクで、一発で気に入りましたね。
特にサビのメロディーと歌詞が好き。

アニメと連動している歌詞ですので…。
アニメを観ているとよりグッと来るものがありますね。
心理戦って、やっぱり観ていると楽しいです!

第8位 Butter-Fly / 和田光司

第8位は、和田光司さんの『Butter-Fly』。
『デジモンアドベンチャー』のオープニング曲となっています。

この曲を知ったきっかけはニコニコ動画。
とあるアニソンのメドレー動画を視聴していて…。
そこにこの曲が入っていたのを聴きました。

激熱な歌詞と力強い歌唱が、私のテンションを上げてくれますね。
思わず「無限大な~♪」と歌いたくなってきますよ!
グルービーなサウンドもたまらないですね~。

第9位 crossing field / LiSA

第9位は、LiSAさんの『crossing field』です。
『ソードアート・オンライン』アインクラッド編のオープニングテーマ曲。

私はSAOをリアルタイムに観ていましたね~。
その関係で、何度かこの曲を聴いているうちに好きになりました。

LiSAさんの歌唱スタイル、私は好き。
とてもクールで力強いですよね。
この曲も非常にカッコイイ感じに歌いこなしています。
こういう曲調は大好物です。

もし、将来SAOのようなゲームが世の中に出てきたら…。
私なら絶対プレイしてみたいと思いますね!
もちろん、デスペナルティーは無しでお願いしますけどw

第10位 Endless Story / 田村ゆかり

第10位は、田村ゆかりさんの『Endless Story』。
『シーキューブ』のオープニングテーマ曲となっています。

田村ゆかりさんというと、比較的可愛らしい系統の曲を多く歌っているイメージがありますが…。
この曲は、どちらかと言うとカッコいい系でしょうか?

とても疾走感のあるテンポで、ノリが非常に良いです。
そして、何と言ってもメロディーラインがすこぶる綺麗!
これは気に入らざるを得ない一曲でした。

ところで、アニメのシーキューブなのですが…。
絵柄は可愛らしい感じですが、内容はなかなかすごいですよね…。
あまりのギャップに驚いた記憶がありますよ。

ひとこと

ひとこと

今回の記事では、私が個人的に好きなアニソンランキングベスト10を挙げてみました。
いかがでしょうか?
あなたの予想した曲の順位と比べてどうだったでしょうか?

こうして並べてみると、大体有名な曲が多い印象でしょうか?
特にアニメファンからすると、どれも知っているよという方が多そうな選曲になりましたね。
目新しさは、あまり無いかもしれませんね。

アニソンにも素晴らしい曲はたくさんあります。
もし、以前の私と同じようにあなたも『聴かず嫌い』なら…。
ぜひ今回挙げた曲をまずは一度聴いてみてください。
判断はそれからでも遅くは無いはずです。

この記事をきっかけとして、アニソンに興味を持ってもらえたらすごく嬉しいですね。
もし良かったら、ぜひあなたもアニソンの世界に足を踏み込んでみませんか?

スポンサーリンク

鈴木俊吾
鈴木俊吾

『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』をモットーに、人生大逆転を目指して活動をしているフリーライター。
自分がやりたいと思ったことは、何でもやってみるスタイル。

ブログでは、ライフログを中心に、仕事・趣味・思ったことなどについてまとめていきます。
いくつか記事を読んでいくうちに、私の人となりが何となくつかめるかと思います。

Twitterをフォローしていただくと、ブログからの更新通知を手軽に受け取ることができます。
読者の皆さんとも積極的に交流をしていきたいと思っていますので…。
あなたからのフォローを楽しみにしています!